2017年11月16日木曜日

統一教会・家庭連合の大規模フェスティバル・愛知大会に同県選出の自民党国会議員が多数出席

韓鶴子総裁主役イベントにまた自民党国会議員が
官邸筋との昵懇関係を示す同教団と政界との癒着構造がまた明らかとなった。

16日午後、名古屋市の愛知県体育館で開かれ統一教会・家庭連合の韓鶴子総裁を主賓に迎えた大規模信者集会に、自民党の愛知県選出国会議員が多数来賓出席していたことが判った。

2017年11月13日月曜日

Google社が『やや日刊カルト新聞』の記事2本を無断削除

11月12日、やや日刊カルト新聞が配信する記事2本が、Google社によって無断で削除されていることがわかりました。同紙はGoogle社のブログサービスを利用して記事を配信しており、Google社は何者かからのクレームによって記事を削除したと思われます。Google社から同紙に対して、事前の事実確認も事後通告もなく、異議申し立ての方法も示されていないことから、同紙ではGoogle社に対して理由の説明と異議申し立ての方法を通知するよう要求しています。

教団2世の改憲大会を報じた本紙に勝共連合が著作権侵害でクレーム、TVQは再質問を無視

国際勝共連合から削除のお願いがあった当該記事の画像4点
TVQふくおかサテライトFRIDAYのキャプチャ画像(上2枚)
勝共UNITEの公式サイトの画像(下2枚)
本紙11月9日既報記事『 「 Good job!」教団2世の改憲大会をトップニュースで取り上げたTVQがUNITEから賞賛される』の続報。

当該記事で引用した画像について、執筆者の本紙・鈴木エイト主筆に、統一教会・家庭連合の政治組織・国際勝共連合から著作権侵害だとして速やかに削除するようお願いする連絡があった。

また、本紙主筆からのTVQへの再質問書をTVQ報道部の瓜生部長が無視していたことも判った。

2017年11月9日木曜日

「 Good job!」教団2世の改憲大会をトップニュースで取り上げたTVQがUNITEから賞賛される

教団2世イベントを好意的に報じてしまった
TVQ『ふくおかサテライトFRIDAY』
今月3日に開かれた統一教会・家庭連合の2世によるイベント『改憲2020実現福岡大会』
この教団イベントを福岡のテレビ局・TVQ九州放送が、同日夕方のニュース番組内でトップニュースとして扱い、背景について一切視聴者に知らせないまま「憲法 大学生などが“改憲”訴える」と報じていたことが判った。

この“報道”に対し、イベントを後援した教団2世組織・勝共UNITEは「 Good job!」と高評価のツイート。

筆者(本紙・鈴木エイト主筆)がTVQに取材したところ、電話口の番組スタッフから呆れた発言が飛び出した。

史上初!12/7に神イベと悪魔イベがバッティング=幕張と新宿で同日同時刻に

悪魔のイベント
悪魔である「やや日刊カルト新聞社」の藤倉善郎総裁が出演する新宿「Naked Loft」でのトークイベントと、幸福の科学教祖で地球至高神・大川隆法総裁が出演する幕張メッセでのトークイベントが、同じ12月7日に開催されることがわかりました。両総裁のトークイベントがバッティングするのは初めて。幸福の科学ファンは苦しい選択を迫られそうです。

2017年11月8日水曜日

口寄せか口パクか? アンジュエルが早稲田祭で歌唱放棄パフォーマンス

11月4日、早稲田大学で開催中の「早稲田祭」屋外ステージに、幸福の科学学生部非公式の「天上アイドル」を自称する「アンジュエル」が出演しました。曲の前奏が終わった途端にマイクを床に置き全員が歌唱放棄するという画期的なパフォーマンスで観客を魅了。しかし会場には歌声が響き渡っていたことから、識者からは「霊言だったのでは」と指摘する声もあがっています。

幸福の科学は、批判的なメディアやジャーナリストの取材に対して脅迫や暴力まで用いる反社会的なカルト宗教。早稲田祭では今年も含め例年、幸福の科学の政治部門である幸福実現党幹部の講演会等が行われていますが、アイドルグループの出演は初めて。

勝共UNITEの改憲大会に自民党・菅原一秀衆議院議員が参加

菅原一秀衆議院議員HP
11月3日、東京永田町の星陵会館で開かれた統一教会・家庭連合の関連イベント『改憲2020実現大会』に、自民党の菅原一秀衆議院議員がゲストスピーカーとして参加していたことが判った。同教団と政権の癒着を追う本紙・鈴木エイト主筆は菅原議員に質問書を送付、果たしてその回答は。


2017年10月30日月曜日

電波系アイドル“アンジュエル”早稲田祭に来たる!みんな行こうぜ!

アンジュエルのTwitterより
幸福の科学学生部非公式アイドルを自称する5人組の信者グループ「アンジュエル」(anjewel)が、11月4日に早稲田大学で行われる「早稲田祭」の屋外ステージに出演することがわかりました。これまで教団施設内で事前申込制の「ファンミーティング」を行うばかりだったアンジュエルが、いよいよ一般向けの舞台に登場。本紙編集部内も色めき立ち、当日に向けて特別取材班の準備が進められています。アンジュエルは公式Twitterで「拡散希望」としています。みなさん、どんどん拡散して応援しましょう。

2017年10月28日土曜日

【追加情報あり】幸福の科学・HSU祭が超厳戒態勢で開幕=事実上の一般客入場禁止か

HSU祭会場の注意書き(信者提供)
「幸福の科学大学」として認可を得られず教団の信者養成機関として2015年に開設された「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU=千葉県長生村)で本日10月28日、通常の大学での学祭を模した「HSU祭」が開催されました。HSU祭が開催されるのは1年ぶり3度目。第1回、第2回は一般の来場者も入場できましたが、今年は一転して厳戒態勢。HSU関係者以外は事実上、幸福の科学信者同伴でなければ入場できないという入場制限が敷かれています。

幸福実現党が衆院選で違法な選挙運動メール配信=受信者は警察に相談を

選挙運動が禁じられている投票日当日のメール
10月22日に投票が行われた衆院選では、公明党が5議席減の29議席にとどまり、衆院総選挙小選挙区での連続「全員当選」記録は2012年、2014年の「2」でストップ。一方、我らが幸福実現党は、結党した09年の総選挙以降、4回連続で「全員落選」の快挙を成し遂げました。この選挙で投票日の22日に、公職選挙法で禁止されている「選挙運動メール」を幸福実現党が支持者らに一斉送信していたことがわかりました。違法な選挙運動メールを受け取った方は、すぐに地元の警察署などに相談しましょう。