2016年11月14日月曜日

統一教会(家庭連合)教祖の息子、トランプ勝利に大喜び

トランプ勝利に歓喜する国進夫妻(手前二人)と亨進夫妻(奥二人)
HOW WELL DO YOU KNOW YOUR MOON?より)
アメリカのサイト『HOW WELL DO YOU KNOW YOUR MOON?』が、米共和党大統領候補ドナルド・トランプの勝利に大喜びする文亨進と文国進の写真を掲載している。

2016年11月11日金曜日

富山市議選でホメオパシー系活動家が当選=上野ほたる氏、ブログ削除で逃亡

新たに富山市議になった上野ほたる氏(公式サイトより)
政務活動費をめぐる不正で議員の辞職が相次ぎ、11月6日に補欠選挙が行われた富山市議会。13議席を争う選挙戦で、ホメオパシー系の反ワクチン活動家の上野ほたる(蛍)氏が当選しました。上野氏は、インフルエンザ等のワクチンの危険性を訴えるホメオパシー団体認定の講師活動をしていましたが、本人はブログからその活動を示す投稿を削除。そのことをTwitter上で指摘され本紙から見解を求められると、ブログをまるごと削除して、さらなる隠蔽行為を重ねています。

2016年11月4日金曜日

自民党前組織運動本部長が駅頭で統一教会(家庭連合)機関紙を配布

川崎駅で田中議員の配布する世界日報
と名刺を受取った市民のツイート

[閣下( ○○期のアザラシ)Twitterより]
自民党の現職国会議員が先月末に行なった川崎駅構内での街頭活動の際、自身の名刺とともに統一教会(家庭連合)の機関紙である世界日報を配布していたことが、受け取った市民のツイートから判明した。

この国会議員は神奈川10区選出で7期目となる田中和徳衆議院議員(67)。2014年9月から1年間、自民党の組織運動本部長を務めた人物だ。

自民党組織運動本部は、団体総局・議員総局・青年局・女性局・労政局・遊説局の各局から成り、その本部長は党の政治運動全体の責任者だ。そのような来歴を持つ議員が何故自分の名刺と共に世界日報を配布していたのか。田中議員の事務所を直撃した。
田中和德衆議院議員HP

2016年11月1日火曜日

祖父母殺害の幸福の科学信者少年に懲役10~15年判決=甲府地裁

犯行から1年以上が経ったいまも立入禁止テープが貼られたままの現場
2015年に富士河口湖町で80代の祖父母を殺害したとして殺人罪に問われていた少年の裁判員裁判で11月1日、甲府地裁は求刑通り懲役10年以上15年以下の不定期刑とする判決を言い渡しました。少年は幸福の科学信者で、幸福の科学学園高校と教団の宗教教育機関「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU)に入る費用を捻出するため遺産目当てで祖父母を殺害したことを公判で認めていました。判決は「強い殺意にもとづき極めて危険な犯行で計画的」「動機は短絡的で身勝手としか言いようがない」としました。

2016年10月28日金曜日

幸福の科学信者による殺人事件で懲役10~15年の求刑=甲府地裁

山梨県・富士河口湖町で祖父母を殺害したとされ殺人罪に問われている少年についての裁判員裁判が10月27日に結審し、検察は少年に懲役10~15年の不定期刑を求刑しました。公判で少年は起訴事実を認め、動機について「祖父母の遺産が母親に入れば幸福の科学学園高校とハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)に入ることができると考えた」などと説明しました。殺害された祖父は創価学会信者で、祖母は幸福の科学信者。少年の母親が経済的に困窮し実家の支援を受けていながら幸福の科学の100万円の御本尊を購入していたことも明らかになりました。


2016年10月26日水曜日

やや日刊カルト新聞社、選挙特番イベント「右も宗教、左も宗教 ~中間総括編~」開催を発表

25日、やや日刊カルト新聞社が会見を開き、来月11日に東京の阿佐ヶ谷ロフトAで選挙特番イベント 「右も宗教、左も宗教 ~中間総括編~」を開催することを発表した。

出演は著書『日本会議の研究』がベストセラーとなった著述家の菅野完氏と本紙・藤倉善郎総裁、鈴木エイト主筆の3人。

この3人が揃って出演するイベントは、今年1月のカルト新年会7月の参院選直前イベントに続き早くも3度目となる。

2016年10月24日月曜日

第2回HSU祭開催

10月22日(土)、23日(日)の2日間に渡り、幸福の科学の運営する私塾・ハッピーサイエンスユニバーシティー(HSU)にて、学園祭「HSU祭」が開催されました。その様子をレポート致します。

2016年10月18日火曜日

全国14都市で一斉演説の勝共連合UNITE、本紙主筆の取材を逃れるためツイートを駆使し偽装工作に奔走

吉祥寺でのUNITE演説
動員さ
れた聴衆役の信者は
点字ブロックを踏まないよう注意
UNITE HPより
16日に全国14箇所で一斉演説を行なった国際勝共連合大学生遊説隊UNITE(ユナイト)。

そのUNITEが一斉演説当日、本紙・鈴木エイト主筆(筆者)の取材を逃れるためにTwitterを使った偽装工作を行なっていたことが本紙の調べで判った。


2016年10月17日月曜日

新潟県新知事は“泰道”後継団体の代理人

米山隆一公式HPより
16日、新潟県知事選挙の投開票が行なわれ、共産党・社民党などが推薦し民新党の一部が支援した新人の米山隆一氏(49)が当選した。

医師と弁護士という肩書を持つ米山氏は、過去に4回国政選挙に立候補しているが全て落選している(2005年&2009年・衆院選自民党公認、2012年・衆院選日本維新の会公認、2013年・ 参院選日本維新の会公認)。

この米山氏は意外な形で本紙に登場している。2014年3月、熊本県西原村への進出疑惑が取り沙汰されていた泰道後継団体・寳珠宗寳珠会(宝珠宗宝珠会)の代理人弁護士として本紙に回答したのが米山氏だったのだ。

2016年10月14日金曜日

勝共連合の学生組織UNITE、本紙主筆のTwitterアカウントをブロック=16日の一斉演説の取材妨害が目的か

本紙鈴木エイト主筆のブロックを表示するユナイトのTwitter
14日、国際勝共連合の学生組織UNITE(ユナイト)が本紙・鈴木エイト主筆のTwitterアカウントをブロックしていたことが判った。

これは16日のUNITE全国一斉演説の取材を表明していた本紙主筆に、当日の演説の場所や時間を知られないようにする目的があると思われる。