2010年1月23日土曜日

被害者が下ヨシ子氏らを提訴・テレビの霊能番組は全て同罪

 宗教法人「肥後修験遍照院」と、代表の下ヨシ子氏らが、同教団に悩みを相談し652万円を支払わされた相談者から提訴されました。下ヨシ子氏は、「霊能者」「霊媒師」などとして多くのテレビ番組に出演。近年、オウム真理教事件以降の「自粛ムード」がすっかり解禁されてしまったテレビの霊能番組の問題性が、改めて問われます。


【YOMIURI ONLINE 2010年01月21日】浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴
 「浄霊代」名目で多額の現金をだまし取られたとして、名古屋市在住の主婦(49)が21日、熊本市の宗教法人「肥後修験遍照(へんしょう)院(通称・六水(ろくすい)院)」と、下ヨシ子主宰者ら幹部5人を相手取り、約950万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。

 下主宰者は、フジテレビ系列の「ほんとにあった怖い話」「奇跡体験!アンビリバボー」など多数のテレビ番組に、霊媒師として出演している。

 訴状などによると、女性は2002年、ヘルニアなどの体調不良や家族間の問題などの悩みをテレビ番組で紹介されていた同院に電話で相談。08年11月にかけて約50回にわたり、「浄霊代」「守護神代」などとして計約652万円を支払ったという。

 一方、同院は「女性の依頼に応えたもの」などとして、債務がないことの確認を求める訴訟を同地裁に起こしている。

 この案件は、どうやら紀藤正樹弁護士の事務所で受任しているようで、紀藤弁護士がブログでこう書いています。

【弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版 2010年01月22日】浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴
昨日、提訴しました。僕にとっては、相談2人名の被害者です。

前回の事件は交渉で終了しましたが、今回の事件は、下ヨシ子側が交渉段階で和解に応じず、提訴に至りました。

それにしても、「テレビ人気霊媒師」、有名「霊能力者」という見出しに、驚きます。

 下氏関連の金銭トラブルは、これが初めてではないようです。

 読売新聞の記事には、同氏が「多数のテレビ番組に、霊媒師として出演している」と書かれています。宗教法人「肥後修験遍照院の公式サイトを見ると、下氏が出演したテレビ番組が一覧になっています。整理してみました。

2008.08.26/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2008』
2007.08.28/フジテレビ『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2007』
2007.08.04/朝日系『特捜!「魔界潜入!!怪奇心霊[秘]ファイル 前編』
2006.08.23/TBS『アイ・チテル』
2006.08.22/フジテレビ『カスペ「ほんとうにあった怖い話」』
2006.08.05/テレビ朝日系『ぷれミーヤ』
2006.08.05/テレビ朝日系『ドスペ!怪奇心霊(秘)ファイル8』
2006.07.24/フジテレビ『HEY! HEY! HEY!』
2005.08.23/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話 2時間スペシャル』
2005.08.13/テレビ朝日系『ドスペ!怪奇心霊(秘)ファイルVII』
2005.03.07/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2005.02.21/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2005.02.05/テレビ朝日系『 土スペ『怪奇心霊(秘)ファイル6』
2005.01.24/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2005.01.17/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2004.12.13/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2004.11.29/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2004.10.25/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2004.10.18/日本テレビ系『キスだけじゃイヤ!』
2004.09.07/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話 秋の2時間スペシャル』
2004.08.11/テレビ朝日『スイスぺ!「魔界潜入!怪奇心霊(秘)ファイル5」』
2004.08.06/テレ朝系『快適!ズバリ』
2004.04.03/フジテレビ系『「ほんとにあった怖い話」特別編』
2004.02.28/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2004.02.21/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』準レギュラー決定!
2004.02.14/フジテレビ系『もしも体感バラエティif(イフ)』
2004.02.07/フジテレビ系『ほんとにあった怖い話』
2004.01.07/テレビ朝日『スイスぺ!「魔界潜入!怪奇心霊(秘)ファイル4」』
2003.09.27/日本テレビ系『世界の怪奇現象スペシャルIII 』
2003.07.30/テレビ朝日『スイスぺ!「魔界潜入!怪奇心霊(秘)ファイル3」』
2003.06.17/TBS系『pooh』
2003.06.02/テレビ朝日『TVのチカラ!』
2003.05.05/テレビ朝日『TVのチカラ!』
2003.01.08/テレビ朝日『スイスぺ!「魔界潜入!怪奇心霊(秘)ファイル2」』
2002.12.04/テレビ朝日『スイスぺ!「徹底大調査!あの話題の主役は今!?」』
2002.09.05/日本テレビ系『キスだけじゃイヤッ!』
2002.08.14/テレビ朝日『スイスぺ!「魔界潜入!怪奇心霊(秘)ファイル」』
2002.05.29/TBS『オフレコ』心霊特集
2002.04.06/テレビ朝日『紳助の謎と恐怖の大スクープ』
2002.01.23/TBS『超!オフレコ 心霊SP』
2001.12.29/テレビ朝日『紳助の謎と恐怖の大スクープ・年末スペシャル』
2001.12.26/日本テレビ『衝撃のワイドショー!! それからどうした・大追跡スペシャル2001』
2001.09.29/テレビ朝日『紳助の謎と恐怖の大スクープ3「異形の恐怖!! 女霊が夜ごと囁く家」』
2001.08.08/TBS『超オフレコ!』心霊スペシャル
2001.04.07/テレビ朝日『謎と恐怖の大スクープ!! 信じられない怪事件2 春の緊急生放送SP』
2000.12.30/テレビ朝日『紳助信じられない怪事件SP』
2000.01.01/デジタルCS放送MONDO21『丹波哲郎の好きにやらせろ!』
1999.01/フジテレビ『奇跡体験!アンビリバボー』
1998.12/フジテレビ『奇跡体験!アンビリバボー』

 冒頭の読売新聞の記事をもう一度引用します。

【YOMIURI ONLINE 2010年01月21日】浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴
(略)
 下主宰者は、フジテレビ系『の「ほんとにあった怖い話」「奇跡体験!アンビリバボー」など多数のテレビ番組に、霊媒師として出演している。
(略)

 読売新聞のこの記事は決して間違いではありません。確かに出演回数がダントツに多いのがフジテレビです。ただし、比較的回数が少ないとはいえ、この記事を載せている当の読売新聞の系列会社である日本テレビも4回、下氏を出演させていることをお忘れなく。

13 コメント:

匿名 さんのコメント...

まさに霊感商法の典型的なものですね。この手の被害者が出ないようにするには、病気や悩みを浄霊や除霊、祈祷などで解決出来ると言ってお金を支払わせる事は、全て霊感商法にあたると定義し、法律で禁止し処罰の対象にしていただきたいです。

匿名 さんのコメント...

霊能番組は全て同罪、、同感です。霊能者には本物と偽者がいるような捕らえ方をしている人が多いようですが、本物の霊能者なんてこの世に存在しません。それを、さも本物のように扱って持ち上げてきた結果がこの始末です。今までどれだけ同じ間違いを繰り返してきましたか、本当に過去から学ぶことの出来ない人達です。偶然や育ってきた環境の影響や思い込みによって自分には特殊な能力が備わっていると勘違いしている妄想家か詐欺師、霊能者にはこの2種類しかいません。前者には自分の能力を人の役に立てたいと思っている善良なタイプの人もいると思いますが、そういう場合は専門的な勉強をしてセラピストという肩書きを得て法外な料金を取ったり問題を霊的な事と結びつけずに悩み相談にのるべきです。今回のこの問題は、下ヨシ子側がお金を支払って和解するという形で終結してもらいたくありません。これは人の悩みに乗じた霊感商法にあたるという判決を法廷ではっきり示していただきたいです。

匿名 さんのコメント...

被害に遭われた方が勇気を出して訴え出られた事はとても良かったと思います。霊感商法の被害者は、もともとこういう輩を全く信用して訪ねて行かれる訳ではなく、半信半疑ながら他に頼るすべも解決策も見あたらず、最後の望みという気持ちと共に「もしだめだったら信じた自分のせい」と、はじめに自己責任の覚悟を決めておられる事が多いため、泣き寝入りとなるのが殆どだからです。カルトの教祖というものはそのことも、日本の法律や取締りの甘さも熟知していて、また、もし万が一裁判沙汰にするような勢いで抗議してこられたら示談金を払ってこっそり和解すれば表ざたにされるリスクも負わず商売を続けられるとタカもくくっていて、だからこそ、この世に霊感商法の被害が絶えることがないのです。悪いのはひっかかる人ではなく騙すほうです。被害者の方々が、ひっかかった自分がバカだったとか、お金を取り返せたらそれで良い、とか思わずに、卑劣な商法を絶対許さないという気持ちで臨まれたら、さらなる被害者は出なくなり、やがて霊感商法など成り立たなくなるはずです。

匿名 さんのコメント...

この訴えた奴って罰当たりな奴w
鬱のババァなんじゃねぇーのw
その訴えたババァはそういう性格だから一向にいい方向に行かねぇーことが分からねぇーんだなw
病んでるババァ多すぎだしww

匿名 さんのコメント...

世の中に不思議なことは沢山あると思うが、しっかり調べてから申し込んだ方がいいよね!自分も不思議な体験してるし、今まで全く霊的な存在を信じてなかった人が、ある日を境に信じてしまったり、聞くからね!まあ、知ってるか知らないかだと思う。その世界を!まあ宗教家を訴えるなんて、ね!!!すがる思いで申し込んだと思うが、下ヨシコは本物だと思うし、金を返してもらうよりも、しっかり仕事をしてもらえばよかったのに

匿名 さんのコメント...

霊感商法は、本当に何かを信仰したい人、幽霊や妖怪の存在を楽しみたい人にとっても、非常に迷惑なものです。
もともとは、自然の畏怖や昔の知識では説明できなかった出来事を、さらに人智を越えた力に頼って何とかしようというのが、神社やお寺、民間信仰です。
鰯の頭も信心 大好きな言葉です。
免罪符のようなものを大金で売買するような宗教があると、豆まき、夏の怪談、秋祭り、大晦日の年越しそば・・・そんな人の心の片隅にある安心感・楽しみも、非科学的なものは悪!! とばかりに無くなってしいそうで寂しいです。

カルト撲滅、霊感商法撲滅には、大賛成ですし、カルトは宗教にあらず。ですが、非科学的なものを愛好するものにとって、それも一緒に否定されてしまうと、ベクトルがあわせにくいです。
憎っくきは、讒言で騙る金亡者なのです。

匿名 さんのコメント...

あの団体は妙な力をもってるのは確かみたいですが、
一部相当ひどい目にあってる人たちもいます。

精神状態がおかしくなって、仕事ができなくなったり、自殺
においこまれたり、中には江原氏の番組をみると、守護神?
かなんかが怒りだすそうです(笑)

こういうことがまかりとおってしまうと、完全犯罪が成立
していることになりますよね。こういうことは、まずニュース
にとりあげてほしいです。

あと、やはり過剰にぼりすぎですね。

匿名 さんのコメント...

いままで、騙させたと気づいた人はみな、はじめは信じていた
人がほとんどですよ。

匿名 さんのコメント...

下さんは、本物です。私は昔、助けていただきました。命の恩人です。TVに出演して有名になるにつれて、お金に欲が出てしまわれたんだと思います。いま私は独学で龍神信仰してますが、下さんのおかげで、修行を続けてこれました。

匿名 さんのコメント...

もっともっと沢山訴えて~!潰れるからさ。騙される人も自ずと減る。
TV局も悪いけど~。
江戸時代でも霊感商法はあった。
人間である限り悩み苦しみからは逃げられない。
そこで宗教が出来たわけだけど・・
それを悪用する新興宗教や霊能者は煩悩の塊だと思う。
いえいえただの善意とでもいうのならマザー・テレサみたいに最も貧しい人と同じ食事に寝床にしてよ。
お金は全て恵まれない人の為のもの。
そのぐらいの根性見せてもいいでしょ。

匿名 さんのコメント...

皆さんは死んだ身内の人が見えたりした事がありますか?私は除霊してもらいじょじょに見えなくなりました霊とか見たことのない人がいかにもしったかぶりしてほしくないです書き込みしてますがいいですね  霊が見えない人は  おかげさまで私も見えなくなり恐怖から解放され楽しい日々です

匿名 さんのコメント...

下さんは1回30万で守護神をつける
「普段はもっと高いが今はお安くなってます」と言う

神レベルの存在を人間が他の人に付けれるとは思えない。

お金があれば守護神に守られて、貧乏人は何も付かない。

それは本当に守護神なのだろうか?

氷室慶 さんのコメント...

どんな経緯であれ需要と供給が成り立ってたのなら、他人があーだこーだ言う問題じゃないわな。霊的な商売の根本が嘘か真かは置いといても、そういう商法に頼ったのは、あくまで当事者自身の判断あっての話だ。後に金銭的なものがネックになったのなら、それは事前にその確認を怠ったものであり、訴えた側にも多分の落ち度があった点は否定できないかと思うがなぁ。単純にこの被害者に同情はできない。