2011年3月16日水曜日

USENが浄土真宗親鸞会布教使、岡本一志の講演放送を自粛

株式会社USENが、全国に有線放送されている「講話」チャンネルにて、浄土真宗親鸞会布教使、岡本一志氏の放送を取りやめたことが明らかになりました。


岡本一志氏は「仏教カウンセラー」を自称し、ブログやメールマガジンなどで積極的な活動を行っていますが、浄土真宗親鸞会(以下親鸞会)という新宗教団体の布教使であり、首都圏を中心とした「仏教講演会」などの活動も全て親鸞会の施設を拠点として行われています。さらにこれらは親鸞会の組織的な活動であるにも関わらず、親鸞会との関係は一切隠されています。もちろん今回のUSENの出演に当たっても、岡本氏が親鸞会の布教使である事は一切隠されていました。

親鸞会は摂理や統一教会とともに、大学での正体を隠した勧誘が問題となっている新宗教団体であり、岡本氏は自身の運営するブログ「東大数学科から仏教講師になったおかもんの日記」でもUSEN音楽放送の講師をしたことを盛んに宣伝しており、公共の電波が同会の宣伝に使われた恐れがあります。

問題のある新宗教団体の布教使が正体を隠して出演していることについて、USENインフォメーションセンターに取材を申し入れたところ「岡本氏が親鸞会の講師であることは知らなかった」「岡本氏について(やや日刊カルト新聞が指摘した)事実が確認されたため、放送は自粛する」とのこと。USENの迅速な対応に感謝したいと思います。尚、岡本氏本人にも取材を申し入れましたが、期限までに返答はありませんでした。

親鸞会については過去にも「子育てハッピーアドバイス」の著者として有名な明橋大二が、テレビ静岡の「テレビ寺子屋」での出演が予定されていたところ、親鸞会との関係が明らかになり降板になった事もあります。また盛岡のNHK文化センターでも同会の布教使が講師を務めていたことに対して、抗議が日本脱カルト協会などから寄せられ中止になっています。

【関連記事】
テレビ寺子屋から明橋大二が降板

5 コメント:

オホーツク海岸の論客 さんのコメント...

親鸞会はお西、お東と仲良く活動できるような路線変更をして下さい。「今更何を言う!」と言われても言い続けます。

匿名 さんのコメント...

正直どうでもいい。

匿名 さんのコメント...

USENさんは賢明な判断をしたね。
やや日刊カルト新聞さん、ご苦労様。

しっかし、正体を偽るのは破壊的カルト団体の常套手段ですね。

匿名 さんのコメント...

新しい記事が出ない(泣)

やや日刊が、やや週刊になってしまう

みんなの軽党 さんのコメント...

ツイッター上では、幾人かの親鸞会講師が徘徊しフォローを繰り返している。どいつもプロフィールには所属教団名は掲げず、仏教カウンセラーのように偽装している。無差別に相互フォローしていているのでフォロワー数は多い。自己紹介では信仰心や宗教理念より、出身大学や学閥を強調して釣りにしている。