2017年2月10日金曜日

エホバ2世らがものみの塔聖書冊子協会に謝罪要求=ネット署名もスタート

ものみの塔の冊子
Twitter上で「天皇は滅ぼされるべき」などの発言を繰り返すものみの塔聖書冊子協会の信者(エホバの証人)について、2月6日、2世信者たち有志4名が同協会宛に謝罪を求める申入書を送付しました。同時に、同協会に謝罪のほか再発防止策を求めるネット署名も開始し、賛同を呼びかけています。郵便局の記録から、4人がすでに送付した同協会宛の申入書は2月7日に配達済み。ところが同協会は本紙の取材に対して「そのような書面はこちらに届いていない」ためコメントできないと、事実と異なる回答をしています。

 「預言者ヨハネ氏」名のTwitterユーザーによる発言の矛先は、天皇、自衛隊、サバイバルゲーム愛好家、他宗教や他のキリスト教、国家など幅広く網羅しています。たとえば、こんな調子。










 また、発言を批判されると「黙れ、背教者」「死ね」「神エホバに殺されろ」などとさらに暴言を繰り返す始末。戦闘タイプのエホバの証人のようです。

 当然のごとく炎上し、素性を特定され本名らしき情報等を晒され、「#預言者ヨハネチャレンジ」のハッシュタグでいじられる事態となっていますが、現在も暴言は止まっていません。2月8日にアイドルグループ『私立恵比寿中学』のメンバー松野莉奈さんが亡くなったとのニュースが流れると、こんな投稿によって批判を浴びています。



 一連の暴言について、一部信者が1月末にものみの塔聖書冊子協会や預言者ヨハネ氏が所属する教団支部(会衆)に電話で対応を求めたものの取り合ってもらえなかったとして、2世信者たち有志4人が2月6日付で、教団に預言者ヨハネ氏への処分と教団の謝罪表明を求める申入書を送付しました。

 申入書は、預言者ヨハネ氏の言動についてものみの塔に責任があるとする理由として、以下のように指摘しています。

〈●●●●殿(預言者ヨハネ氏の本名=原文は実名)は宗教法人エホバの証人の信者なので個人の思想と片付けられません。ものみの塔聖書冊子協会は、近い将来にハルマゲドンでエホバの証人以外の人々は滅ぼされると考えて信者に教えています〉

〈ものみの塔教団に責任がある根拠は、●●殿が信者というだけでなく随所でエホバ、エホバの証人の名を用いて暴言を吐いている点、貴協会の教義と神の名を用いての反社会的行為を貴協会が放置している点です。●●殿個人の暴言では決してありません〉

本紙がものみの塔に電話でコメントを求めたところ、2月8日に教団広報室からメールで以下の回答が送られてきました。

〈関係者に確認いたしましたが,そのような書面はこちらに届いていないとの事でした。何かの手違いではないかと思われます。こちらで把握できていない案件ですので,コメントは控えさせて頂きたいと思います〉

しかし申入書の発送者を通じて郵便局に確認したところ、ものみの塔は申入書の受取りを拒否しておらず、2月7日に配達済みであることが確認されました。本紙はその旨をものみの塔に伝えましたが、ものみの塔側は「届いていない」の一点張り。

一方、change.org上では、ものみの塔に公の場での謝罪と再発防止策を求めるネット署名活動も開始され、現在も継続中です。

やや日刊カルト新聞社・藤倉善郎総裁のコメントです。

「ものみの塔は、申入書を読まずに食べたなら、そう言えばいいのに。なぜ、すぐバレるウソをつくのか。寝ぼけたこと言うな。目ざめよ!」

◇参考サイト

change.org/エホバの証人による一般社会への暴言をやめていただきたい! また、ものみの塔聖書冊子協会には再発防止策をとっていただきたい!

11 コメント:

匿名 さんのコメント...

預言者ヨハネは日本人全員を敵にまわしたいのですかね?
私の母の知人にエホバの証人が一人いますが、彼女は天皇陛下や靖国に対しては一般的な日本人と同じで、悪い感情は抱いてはいないようです。

ももきち2014 さんのコメント...

ものみの塔の教理を、かなり純化(?)、昇華(?)させると、こんな人間が出来上がってしまいます。
一種の病気のようなものだと思われます。

発症原因は「自分は、神から唯一是認された宗教組織の一員」(選民思想)で「他の人間は皆、ハルマゲドンで滅ぼされる」(ハルマゲドン思想?)という、ものみの塔の“毒教理”を“服用”したことです。

この“毒教理”を服用し、それを抑制する“教養”が本人の中にない場合は、今回のように顕著な仕方で発症することがあります。
ものみの塔は高等教育を否定していますし、地域によっては後期中等教育(高校教育)にも否定的ですので、なお一層、発症のリスクが高まります。

しかし発症の別形態として、「人々を近づくハルマゲドンから救わなくてはいけない」と一種の正義感に燃え、自分の仕事や家庭や人生自体すらおろそかにして、宣教活動に没頭するといった形で現れること等もあります。

どちらにしろ、本人、及び周りの人々に様々な悪影響を及ぼします。
そしてその悪影響に対して、ものみの塔の日本支部・世界本部は一切責任を取りません。

私の20年以上の観察に従えば、ものみの塔・エホバの証人の会衆の中には、長老から平信者まで、このような人たちが一定程度含まれています。もちろん、会衆の中には良識を備えている人たちも一定程度いますが、そのような“毒教理”の影響をあまり受けていない人は、会衆の中では逆に“世的だ”とか“世に流されている”とか批判的な目や噂話が向けられることが多いです。

何もよいことはありません。

治療は本人や家族だけでは難しいと思われますので、特に外部情報が大切ですが、カルト問題の支援団体などもあるようですので、まずはそういう所に接触するのが良いと思われます。

匿名 さんのコメント...

学校を作るだけ幸福の科学がまし?

匿名 さんのコメント...

選民思想や「信心しないと滅びる」、あるいは「人々を救わなくては」という使命感から学校や会社をやめて宣教活動に没頭するのは、別にものみの塔聖書冊子協会の専売特許ではありません。顕正会がやはり同じようなことをやっていますし、エヴァンジェリカル(プロテスタント系の新興宗教)でも、輸血を拒否しないだけでものみの塔同様だったりします。(ちなみにエヴァンジェリカルには医療を拒否する教会もあるので、ものみの塔よりもはるかに悪質)。
もちろんエヴァンジェリカルの関係者の中には、良識を備えている人もいることはいますが、そういう人たちは「世的」とか「世に流されている」と批判されています。

浅見定雄のシンパ(自称) さんのコメント...

 おっ、久しぶりにエホバの記事ですね。

 投稿内容から右向きの人とトラブルにならないか心配ですが、おそらく投稿内容からして、純粋培養された2世信者ではないかと推測します。
(あるいは、「こんな発言をして、ものみの塔本部への批判を呼び込む」意図があるかも……)

 もっとうがった見方をすれば、バレンタインにチョコをもらえる女性がいない(こんな投稿は9割がた男性か)ので、その八つ当たりでもしているんじゃないでしょうか?
 かつて読んだ資料では『エホバ神は独身の状態をとても高く評価しています』と、結婚を諦めさせるような雰囲気があるとか。

 しばしば登場する統一協会は現与党とも関係が深く、かくて「反共」を唱えたように、右か左かと区分すれば、明らかに右に近いですが、このエホバは兵役どころか格闘技拒否、公務員就職禁止、果ては生徒会の投票禁止と無理くり分類すれば、左向きの傾向があるようです。

 何はともあれ、この自称預言者の経過をしばらく確認したいところです。(その内、ハルマゲドンが来るとか言い出すかも)


 最後に、エホバの勧誘が来た時の対処を報告。

 昨年、仕事中にエホバのおばはんが「聖書を読んだことはありますか?」と来た。
 素早く「宗教の話をされるなら、所属団体名をまず明かしてください」と、筆者。
「エホバの証人です」
「神学に関する考え方が違うので、トラブルにならないようお引き取り下さい」
 これで一件落着……。

 読者の皆さんも、宗教団体の勧誘に遭ったときは「所属団体はどこですか?」と確認してみては?
 

匿名 さんのコメント...

個人の問題か教団の問題かはともかく、昔からいたある種の信徒が、SNSと晒し行為の普及によって可視化されただけなんでしょうね。時代を感じます。
件の2世さんたちも尻拭いさせられてご苦労様です。

匿名 さんのコメント...

正体隠して同じようなことやってる食口どもよりマシ(笑)

匿名 さんのコメント...

藤倉善郎守護霊の霊言によれば、
藤倉善郎氏は週刊新潮の首切り要員として使われているようだ。
最近では、藤倉善郎氏はウソデタラメ書いてることが
多くのマスコミに発覚して、多くのマスコミから起用を敬遠されてるそうだ。
また、収入面でも非常に厳しくなってきているという。

幸福の科学書籍【新潮の悪魔をパトリオットする】で
藤倉善郎氏はブラック・ジャーナリストとしての実態が明らかになった
それによれば、【取材先を脅し、金銭を要求する】という行為を
繰り返し行っているということだった。

藤倉善郎氏が自分のブログで繰り返し幸福の科学を中傷する行為を続けるのも、
本心は幸福の科学をゆすってお金を要求するためだそうだ。

匿名 さんのコメント...


お前と清水富美加みたいなカルトに嵌るやつは、人間そのものがポンコツなんだな。

匿名 さんのコメント...

あらゆる方向に銃を乱射しその度に反撃に会っているのに
逃亡もせず未だに姿勢がブレない精神力には驚くね。

たまにこの手の全方位絨毯爆撃をする人間が出現してネット界隈で玩具化するが、
この折れないおかしな心の強さはなんなのだろう?
殺し合いに熱狂していた新左翼かぶれだって警官を殺してガクプルしながら数十年逃げ回っているというのに。
カルト思想の先鋭化が成せるものなのか、生まれつきなのか、いじめ被害者(加害者)で感覚が鈍化してしまうのか。不思議。

匿名 さんのコメント...

> 逃亡もせず未だに姿勢がブレない精神力には驚くね。

この定形文、ボットじゃね?と感じる私で。なんか、ん10年前の無能。