2017年11月26日日曜日

【中止!】悪魔と一緒に心霊スポット・幸福の科学大悟館を見に行くガイドツアー開催

写真はイメージです。
やや日旅行社は11月26日、東京・白金にある幸福の科学大悟館を見学する日本初のガイドツアーを12月に開催すると発表した。大悟館は教祖・大川隆法総裁の住居として建設された教団施設で、公道から撮影する建物の写真に人らしき形の何かが写り込んでしまったり、その写真をTwitterなどに投稿するとアカウントをロックされたりする怪現象が起こることで知られる。開催は12月7日の日中を予定しており、ガイドは、幸福の科学認定「悪魔」の藤倉善郎さんが務める。参加は無料。事前予約不要で、参加希望者は集合時間に直接、集合場所まで。
※同ツアーは12月1日、中止が決定した(幸福の科学大悟館を見学するツアー中止決定!=教団からの“脅迫”受け参加者の安全を優先)。

幸福の科学大悟館は2000年に完成した教祖・大川隆法総裁の住居で、またの名を「教祖殿」。ネット上で「イタコ芸」として人気が高い「霊言」は、この中で収録されることもある。

玄関前に警備員ボックスが設置され警備員が常時通行人を見張り、公道から写真を撮ろうとするだけで教団職員が取り囲んでカメラの前に立ちはだかる。そのため建物を撮影した写真に人らしき形の何かが写り込んでしまうという心霊写真スポットとして知られる。また、その写真をTwitterなどに投稿すると、知らないうちに投稿が削除されていたりカウントをロックされたりといった怪現象も起こる。

今回発表されたツアーは、「恐怖の館」として知られる大悟館を、幸福の科学認定「悪魔」であるやや日刊カルト新聞社・藤倉善郎総裁のガイドで公道から見学するというもの。信者ではない一般向けとしては、日本初のガイドツアー。同社では参加者の声を聞き、好評であれば継続開催につなげたいとしている。

やや日旅行社は今回のツアーのためにでっち上げられた架空の旅行社で、法人格がなく旅行業登録もしていない。そのため旅行業違反となることを避けるため参加費は徴収しない。ツアー主催者でガイドの藤倉さんは「オウム真理教の後継団体であるひかりの輪は、旅行業法違反で摘発されたこともあるのに、よくいまだに何万円もカネを取って“聖地巡り”とか続けてるよね」と話す。

ツアーは、12/7(木)13時に白金高輪駅」から徒歩7分の白金一丁目児童遊園(港区白金一丁目25番3号)集合。徒歩で大悟館まで往復する。申込不要、無料。雨天決行。

なおツアー当日は19時30分から新宿「Naked Loft」で、漫画家・イラストレータの村田らむ氏プロデュースで藤倉総裁がゲスト出演する「ゲンバシュギ!第14回 ~カルト宗教のゲンバ!!~が開催される。日中のツアーには、村田らむ氏も参加予定。

【関連記事】史上初!12/7に神イベと悪魔イベがバッティング=幕張と新宿で同日同時刻に

◇ガイドツアー「悪魔と一緒に聖地巡り!幸福の科学大悟館を見に行こう」

【開催日】
12/7(木)雨天決行

【参加費】
無料。現地までの往復交通費は各自負担。

【申し込み】
不要。現地集合。

【集合時間・場所】
2017年12月7日13時集合、13時15分出発
白金一丁目児童遊園
港区白金一丁目25番3号
都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金高輪駅」から徒歩7分

【当日の状況連絡】
Twitterの下記のアカウントかハッシュタグで確認してください。個別連絡が必要な方はDMで。
@daily_cult
@daily_cult_PR
#大悟館ツアー
※連絡手段の追加や変更も上記のいずれかで発表します。

【参加資格】
自己責任で自身の安全管理ができる人
他の参加者に迷惑をかけない人
法律を遵守できる人

【問い合わせ】
daily.cult@gmail.com
やや日旅行社「悪魔と一緒に聖地巡り!幸福の科学大悟館を見に行こう」係

【注意事項】
・撮影、録音、ネット中継ぜんぶ自由。
・大悟館外壁には監視カメラがあり、周辺では幸福の科学職員が手持ちのカメラで撮影してくる可能性があります。またツアー参加者や主催者も写真や映像を撮影したりネット中継したりする可能性があります。顔が写ることを避けたい方はマスクやサングラス、目出し帽などを着用するなど、各自でご対応ください。
・参加者間での個人情報のやり取り、参加者に関する情報や参加者の顔を公開する行為は厳禁です。
・デモや抗議活動ではありません。のぼり、横断幕、プラカード、拡声器、武器(護身用も含む)の携行は厳禁です。
・幸福の科学は法律もモラルも通用しないカルト宗教です。彼らが意図的に揉め事に発展させる可能性も考えられます。何かあった場合は基本的にガイド(藤倉)が対応しますので、すぐにガイドに引き継いでください。また、揉め事が起こりそうになった場合は必ず映像や音声で証拠を押さえるようにしてください。幸福の科学関係者を刑事告訴したり損害賠償を請求したりする際に便利です。
・お触り厳禁です。幸福の科学関係者から体に触られた方は、すぐにガイドにお知らせ下さい。
・参加者自身の挑発的行為や暴力的行為による結果については、主催者は事後対応の協力どころか擁護もしません。そのような行為は厳に謹んでください。
・ガイドの指示に従わない参加者の同行を禁じます。
・現地で出たゴミは各自で持ち帰りましょう。
・大悟館周辺での怪現象は天候その他、様々な要因に左右されます。ツアーの際に必ず怪現象が起こることを保証するものではありません。

【ガイド プロフィール】
藤倉善郎(ふじくら・よしろう)/1974年東京生まれ。やや日刊カルト新聞社創始者兼総裁でフリーライター。09年から幸福の科学を取材し、12年に『週刊新潮』でルポ〈特別読物 文科省も県もお手上げ! 子供に嘘を刷り込むデタラメ授業! 「坂本龍馬の前世は劉備」と教える「幸福の科学」学園の罪〉を執筆して以来、幸福の科学から「悪魔」認定。13年には大川隆法総裁から勝手に守護霊を呼び出され、霊言本『新潮の悪魔をパトリオットする 仏説・降魔経現象編』として勝手に出版され、教団に無断で勝手に出版記念イベントを開催した。17年には、立て続けに「洗脳ライター」「マッチポンプ・ライター」「霊言泥棒」という3つの法名を教団から授かる。法名を3つも授かるのは、幹部信者でも例がない厚遇。全国の幸福の科学施設には、写真付きの手配書が配布されている。

※同ツアーは12月1日、中止が決定した(幸福の科学大悟館を見学するツアー中止決定!=教団からの“脅迫”受け参加者の安全を優先)。

5 コメント:

匿名 さんのコメント...

マイナーだけど大阪泉南のほんみち教についてもすこし調べていただけないでしょうか
幸福の科学は学校が高卒大量生産で中々にぶっ飛んでるんですけど、ほんみち教は一条校じゃなくて中卒大量生産だからさらに上を行ってるらしいです。

匿名 さんのコメント...

お暇でしたらベストグループも調べてみては?
最近はまた掲示板が面白くなってますよ…

匿名 さんのコメント...

なるほど、高校生をたくさんたぶらかして
悪事をするつもりですか…流石は似非科学ですね、高校生をてなづけて大学は利用価値のある大学に進ませ専門の技術や知識を習得させ、悪事に転用する、そのような事を幹部がのたまってましたね、なんら鳥心理教とかわりなし、その悪魔の殿堂を監視するツアーとは流石!!日刊刈ると新聞(笑)
伏魔殿を監視するツアーとは流石です。そのまま道を進めば溜池には悪魔の城塞…もありますからね、たっぷり監視しましょう♪

匿名 さんのコメント...

没落の法則を体験するツアーですか。

面白い企画ですが、東京よりも金沢でしょう。

あの法の華の福永法源が拠点とし、今でも信者2000人近くが活動する場所。

http://bqspot.com/hokuriku/ishikawa/122

(旧)ユートピア加賀の郷 今は法の華の教団関連施設。

http://xn--tfr75mlw8b.universal-joy.net/tengyoriki/event2.html

12/16には大規模なイベントもあるようですし。

景観の素晴らしい金沢。

巨大観音を見に行くツアーの方が面白そうです。

キャノン さんのコメント...

費用が発生しないみたいですので、
てるみくらぶの出番はなさそうです。
てるみ・・・もう営業していませんか。